カメレジのモデルルーム

カメレジとは平成21年2月19日から入居の開始を予定している、東京都江東区亀戸の複合型プレミアレジデンス、亀戸レジデンスの愛称です。独創的な発想で新しい価値を開発するオリックス不動産と提供実績として全国で6000棟以上のマンションを持つ大京の2社が、初のコラボレーションで生み出すということでも有名なプレミアレジデンスです。開発コンセプトとしては21世紀をリードする街づくりと都心再生を目指しての、複合型プレミア・レジデンスというコンセプトになっています。立地条件も都心にありながら水と緑に囲まれ、人が潤う場所として、理想的な条件であったということで亀戸が選ばれたそうです。
亀戸とオランダの首都アムステルダムは似ているという事で、カメレジのデザイン監修染谷正弘さんはアムステルダムの河川と亀戸レジデンスに隣接する、旧中川の類似についても語っています。そのような話題からも亀戸レジデンスのデザインなども含めて注目を集めています。亀戸レジデンスのモデルルームに関しても大人の上質とゆとりのスペースを感じられる雰囲気でいっぱいです。

カメレジの周辺環境

カメレジはモデルルームだけでなく、敷地周辺の環境においても、まるで都心には思えないくらいに緑に恵まれた豊かな環境の条件の中に立地されています。四季折々の美しさを見せる亀戸公園や旧中川といった緑と水辺に囲まれていて、日常の生活を送る住民にとっても、豊かな暮らしをおくるうえで欠かす事のできない潤いをもたらせてくれる環境と言えます。レジャー施設やショッピング施設に関しても、歩いて行ける距離範囲内にサントリー亀戸や亀戸スポーツセンター、ライフ亀戸店など日常生活を過ごす上では十分な環境が揃っています。さらに、亀戸レジデンスの敷地内にはプレミアと呼ぶにふさわしい施設とサービスが付いています。認可保育所や住宅型有料老人ホーム、学童クラブやコンビニエンスストアといった複合型ホスピタリティ施設が敷地内に揃っている事からも、まさにプレミアにふさわしい生活を住民にとって与えてくれるのではないかと確信できます。

カメレジから都心への交通

カメレジは21世紀の街づくりという立地条件という事だけでなく、亀戸レジデンスから都心までの交通の便においても東京駅までたったの7kmという条件を満たしています。テレビのCMでも東京駅へ10分という事を大きく取り上げています。電車ではJR総武線から亀戸駅から東京駅までが10分という事になり、新宿駅へは20分というスムーズな交通アクセスが可能です。厳密には亀戸駅から大手町までが11分、そして、銀座駅には13分というアクセスを経て新宿駅に20分という流れにです。JR総武線の平井駅や東武鉄道亀戸線亀戸水神駅も利用可能です。
亀戸レジデンスを出て東京駅まで出る事によってJR中央線や東京メトロ丸の内線などへの乗り換えも便利なので、カメレジの交通の便に関してもマンションから通勤をする住民にとって、非常に便利なアクセスと言えます。モデルルームを実際に観る方は交通のアクセスの心配は必要ないと言っても過言ではありません。

Copyright © 2007 カメレジのモデルルームを観に行こう!!

[PR]動画